150608

暉峻康隆氏の一句。
意味が分かりません。